肩の痛み

交通事故通院|夫の運転する車で事故に遭遇

仙台市在住 30代女性、職種:主婦

医師診断・・1.頚椎捻挫 2.背部挫傷 3.腰椎捻挫

「初検時症状」
1.頚椎捻挫:頚部・後頭部に掛けての安静時疼痛・熱感・腫脹あり。前かがみ時、腕使用時に頚部に強い痛み出現。
生活に難あり。不安定性と頭痛、運動制限著しい(前屈・伸展・回旋・側屈)
2.背部挫傷:追突時の衝撃により背部反発力が掛かり広範囲に痛みあり。捻転時、背部伸張時、背部可動角度により影響される可動痛。
3.腰椎捻挫:腰部・股関節に熱感・疼痛、歩行痛、腰は捻転症状あり。起立・座位移動時腰部に不安定感

「1ヶ月目転帰時症状」
1.頚椎捻挫:頚部熱感、腫脹は改善傾向。腕可動時痛は初検当初より軽減するも頚部・後頭部の痛みは残存。天候、体調により痛みの強さ場所が変化し症状が不安定に出現。
2.背部挫傷:背中の痛みは肩甲骨周辺に集約残存。授乳による姿勢維持などにより痛みが移動。
3.腰椎捻挫:熱感・歩行痛は軽減。右腰に限局痛となり残存。生活動作状態で神経も圧迫され左右される状態。

「2ヶ月目転帰時症状」
※約3種間ほどご実家へ療養の為帰省し来院せず。
1.頚椎捻挫:頚部熱感、腫脹は改善するも頚部筋硬縮により後頭部の鈍痛と頭痛、可動痛、頚部の不安定性あり
2.背部挫傷:背部の痛みは左側に移動集中。頚部症状に比例し肩甲帯に痛み出現。
3.腰椎捻挫:歩行時・生活動作で不安定性は軽減。
疼痛は改善傾向だが右腰限局性の鈍痛・圧痛が残存。

「3ヶ月目転帰時症状」
1.頚椎捻挫:頚部可動時痛は改善傾向。頭痛はあり。育児・生活動作で筋疲労による拘束は残存。左頚部は特に痛みを感じると訴える。
疼痛治療と機能回復訓練を併用し筋力改善と症状安定を目指す。
2.背部挫傷:肩甲骨周囲の痛みは鈍痛に変化し残存。頚部と共に機能回復訓練にて可動域の拡大と痛みの改善を目指し治療中。
3.腰椎捻挫:腰部鈍痛・圧痛は生活に支障のないレベルに改善した為、治癒見込とする。

「4ヶ月目転帰時症状」
1.頚椎捻挫2.背部挫傷共に日常生活での疲労による一時的な痛みが少し出るが、自己ストレッチング等で痛みのコントロールが可能となり、経過良好。

「自賠責保険にて治療し通院頻度を徐々に減らし改善」

この様な腰痛症状でお悩みの方々が来院されています

■検査で原因が分からない・クスリや注射を使わずに治したい
■効果がハッキリ分かる施術を受けたい
■今ある症状からできるだけ早く解放されたい
■疲れが溜まりすぎて寝ても疲れが抜けない、不眠、身体がだるい・重さがある
■長年の痛みや慢性的な不調をなんとかしたい

施術について

女性院長による診療

当院の治療内容は、一般的な整骨院(接骨院)とは違い、電気(電気治療)に頼ることなく、体芯療法を中心とした手技での治療になります。
まずは原因がどこにあるのか?何であるのか?をしっかりと見極め、どこを改善すべきなのかを明確にした上で、患者様それぞれの体質と症状・経過に合わせ、急性期から再発予防、メンテナンスまでをトータルで考える施術をご提案させて頂きます。当院は健康保険取り扱いの制限がありませんので、患者様の身体とじっくり向き合い根本治療を行う事が可能となります。ただ単に揉むマッサージでは改善しません。
患者様それぞれの原因を見極めて的確な施術を行うことで多くの方が早期改善につながっております。

お問い合わせはこちら

体の不調や痛みでおやなみはありませんか?まずはお気軽にご相談ください